乳腺と向き合う日々に

”ブレスト・アウェアネス”という考え方

皆さんはブレスト・アウェアネスという言葉を知っていますか?

乳がんは自分でも検診できる珍しいがんです。
「自覚症状が出現してから病院を受診して、もしがんだったなら、もはや…」は一般の方もよく知っている話です。それは原則間違っていません。がんは初期には症状はないことが多いのです。ですので症状が出現している時点でその原因ががんだったなら、それは当然進んでいる、あり得ます。

ただ、乳がんの自己検診は違います。自分できちんと定期的に検診してがんを見つけたなら、それは立派な検診です。早期発見されている可能性のほうが高いでしょう。その意味からも、そして30歳代から60歳くらいまでで、もっとも罹患率の高いがんである乳がんを、自己検診しないのは何とももったいない話です。

私のクリニックに検診に来られた方が異常がなかったとしても、私は「1か月に1度は自己検診してください」と勧めています。

ただたいていの方は、触ってもよくわからないから…と濁されます。

それは当たり前のことです。乳がんに罹患したことがない、健康でずっと過ごされてきた方は、乳がんを触ったことがありません。わからないものを触って探しに行っても何もわからない、それで当然です。アサリがどんなものか知らない子供が潮干狩りに行って、砂の中を探しているようなものです。カニでも石でもなんだって拾ってくるでしょう。お母さん、これアサリ? アサリはこれだよ、お母さんが見せてあげて、初めて見つけられるようになります。それでも死んだ空っぽの貝殻を拾ってきたりしますよね。
いままで乳がんに罹患したことのない方が、乳がんがどんなふうに硬く、しこって触るのか、知るはずはありません。だからわからなくて当然です。がんを探しに行くからわからないのです。

私は外科医なので、乳がんの手術を担当し、術後にご家族に説明します。その際に、ご家族で女性が来られていたら、必ず切除された乳腺を触ってもらっていました。
「ね、ここです。硬いでしょ。でもこれだけ硬くて大きくても、痛くもかゆくもないんですよ。逆にそれこそ乳がんの特徴なんです。」と説明しながら触ってもらっていました。

「私は先生の患者さんの家族でもないし、なにより乳がんにかかった家族はいません。だからそんなチャンスはありません」

その方のための、ブレスト・アウェアネス(Breast Awareness)です。

Awarenessは、訳すと”気づき”とか”認識”となります。”自分の乳腺を知ること”と訳します。

NCCNガイドライン

これは私がよく引用している米国の乳腺の検診と診断のガイドラインの一部です。(もし見られない方は日本語版がありますので参照してください)

ここにブレスト・アウェアネスの言葉が出てきます。参考までに訳してみると、「特にリスクのない、25歳から40歳の女性は1-3年ごとに医療機関を受診し、ブレスト・アウェアネスに気を付けてください」と書かれています。ですのでブレスト・アウェアネスの意味が分からないと、このガイドラインは意味が分かりません。

NCCNガイドライン2

これは同じガイドラインの注釈で書かれていることです。
ブレスト・アウェアネスとは:各個人がそれぞれの乳腺の状況に精通し(状態を認知し)、もし何か変化があったら間髪おかず、かかりつけ医に相談すること
と書かれています。
ここまで解説されても結局何を言っているのかわからない、と言われる方も多いでしょう。

ここでは 私なりの言葉で皆さんにわかりやすく、このブレスト・アウェアネスという言葉を解説してみたいと思います。乳がんの方、その家族の方に限らず、すべての方に大切な概念です。

まずどこでもいいので、医師が診察してくれて、医師と話の出来る環境で乳がんの検診を受けてください。もし自分で何らかの所見に気が付いていたり、症状があればその際に必ず医師に相談してください。
ドックや会社検診で写真だけ取ってあとから結果が帰ってくる検査はここでは含みません。医師と話ができることが重要です。

マンモグラフィ検査を受けたら、自分の乳腺の濃度を教えてもらって把握しましょう。
高濃度乳腺とは -Are You Dense?ー を参考にしてください。)
もし高濃度乳腺であれば、マンモグラフィ検査だけでは不十分なことがあります。
乳腺超音波検査、場合によってはMRI検査などが必要なら受けましょう。これらによって、自分の症状は悪性ではないことを確認しましょう。

そして貴方ははれて本日 異常なし と医師によって診断されました。つまり正常な乳腺です。

帰宅したら、今日の入浴の際に、改めて意識的に自己検診をしてください。
できれば生理が終わって1-2週間が理想ですが、そうも言ってられないと思います。インターネットを調べて自己検診のやり方を調べられる方もおられるでしょう。それもいいアイデアです。ただやり方は問いません、とにかく今日、自分の乳腺の全体を触ってみましょう

触っているとき、どこかが硬いと感じるかもしれません。ここは痛いな、と感じるかもしれません。改めて気になる所見が見つかるかもしれません。ただそれらすべてが貴方の正常な乳腺の状態です。

つまり、異常なしと診断された、その日に自己検診を行い、自分の正常な乳腺の状態を把握(認識、精通、熟知=アウェアネスです!)しておくことが重要なのです。

それからは できるだけ生理周期も同じ時期を選んで、さらにやり方も同じやり方で、月に1回は自己検診してみましょう。
もし今日の自己検診でなかった所見が、将来見つかったら、それは異常です。
間髪おかず、かかりつけ医に相談しましょう。

乳がんは原則として痛くもかゆくもありません。ただ硬く、しこりを感じる、それが典型的な症状なのです。裏を返せば触っておかなければ見つかりません。早期の乳がんが、痛みやかゆみ、違和感など、自覚症状で存在を教えてくれることなどないのです。ばれないように、みつからないように、そっと潜んでいる、そう認識してください。見つけに行かないと見つからないのです。そこで武器になるのが、正常な自分の乳腺の状況をアウェアネスしておくことになります。

正常な状態を知っているから異常な状態に気が付くことができる。
異常を探すのではなく、正常な自分の乳腺を覚えておいて、現在の乳腺を比較するのです。
たとえ乳がんを触ったことがなくても、自分の乳腺の正常な状態を把握しておけば、異常には気が付くことができるのです。もちろんそれが乳がんとは限りません。ただ以前はなかったものが何かできている、現れた、それが重要な所見、気づきになります。

先に触れた米国のガイドラインは、
症状がなく、さらに遺伝性の要因、出産授乳経験がない、肥満がない、などリスクのない方で、25歳から40歳の女性は1-3年に1度 医療機関を受診し、異常のないことを確認すること。
そしてその際に自分の正常な乳腺の状態をアウェアネスし、自己検診を行う中でもし異常を見つけたら間髪おかずに医療機関を受診すること。
と書いてある、ということになります。

もう少しお付き合いいただける方へ

追加の記事を書きました。時間があれば、こちらも読んでみてください。